タトゥー(刺青)があっても転職できる!可能な仕事15選や実際の声など

タトゥーが原因で転職できなかった経験ってありますよね。

 

またいざ転職をしようと思っても、タトゥーがあるせいで迷ってしまうこともあるでしょう。

 

ここではタトゥーがあっても就きやすい職業15種を紹介します。また実際に働いている人の声も紹介しますので参考にしてみてください。

 

タトゥーが入っていても就きやすい職業15選と実際の声

土木・建築系

土木・建築系

この業界はタトゥーに対して理解がある場合が多いです。タトゥーが入っている状態で働いている人が多かったり、ボスにもタトゥーが入っていたりします。

 

一番理解がある業種だと思います。

肘の下から肩までタトゥーが入ってます。土木や大工の時は長袖のインナーを着るのが当たり前(ケガ防止の為)ですので特に気になりません。

 

バレても特に問題ない業種ですが職場では見えないように皆さん工夫しています。他の会社の人と同じ現場に入ることが多いので社会人として当然のことです。

 

首までタトゥーがある場合はタオルを常に巻いてタートルネックの肌着を着ている人もいます。入れ墨やタトゥーに一番寛容な業種は土木建築関係です。

肩に15センチ程のタトゥーを入れています。今現在建築の事務員をやっています。

 

従業員もタトゥーが入ってる人が多く入社の際に質問や確認も一切いりませんでした。何も聞かれず入社出来た理由は、タトゥーが入ってる事は入社前から知られていたからかもしれません。

 

社内の人にバレても問題は有りません。事務職なので社外の人が来る時には、タトゥーが隠れる様なシャツを着て対応をしています。

 

困った事と言えば隠す為に長袖のシャツを毎シーズン着ないといけない事です。それ以外は困った事は一切無く普通に仕事しています。

タトゥーが入っている箇所は背中全部と右腕全部と指に少し入っています。現場仕事で、社長には仕事を始める際にしっかりとタトゥーのことを確認して承諾を得ているので問題ないです。

 

しかし、やはり長袖で見えないように仕事をするようにと伝えられています。見て気分が良くなるものではないので。

 

それと指はテーピングを巻き隠しています。夏にも長袖を着用し、腕まくりすらすることが出来ないので暑いですね。

 

普段家にいる際は半袖を着ていますが、外に出るときなどは常に長袖か隠すやつを使っています。ほとんど人には見せないで生活しているので問題ないですが、プールや温泉などは厳しいので困っています。

工場・製造業

工場・製造業

この業種も土木系に次いでタトゥーに理解があります。会社によって差はありますが、働けるところも多いです。

片方の肩にスマートフォンくらいの大きさのタトゥーを入れています。タトゥーが入った状態で転職して、自動車の部品を製造する大きな工場に入社しました。

 

面接の際に特にタトゥーについて聞かれる事もなく、許可するとも禁止とも言われなかったです。しかし念のためタトゥーの事はバレないようにしようと思い、徹底的に隠し通しました。

 

仕事中は長袖の作業着だったのでまずバレる事は無いですが、大変だったのはロッカールームで着替える時です。

 

皆さん暑いので作業着の下はタンクトップやノースリーブなど涼しいものでしたが、僕はどんなに暑くても肘まである服を着ています。誰も見ていない時にササッと着替え、隙が無さそうな時には汗だくの服のまま帰宅します。

 

最初は手首まで入れる予定でしたが、肩までで辞めておいて良かったです。

自動車部品を製造している町工場で働いています。両腕にいかつめのタトゥーを入れています。

 

夏場は工場内はとても暑いので、タンクトップで仕事をしています。うちの会社は寛容なのか、そうでないのかよくわかりませんが、タトゥーは公認されています。

 

たまに来る取り引き先のお客さんもタトゥー姿を見ても何も動じる事がなく、普通に接しています。

10代の頃にバンドをしていて足と腕にタトゥーを入れました。七分袖を着ていてもタトゥーが見えるくらいです。

 

今は工場で働いているのですが夏でも長袖長ズボンを貫かなければいけません。もし、暑いからといって腕まくりをした時にタトゥーがばれるとすぐにクビになってしまう可能があるからです。

 

タトゥー公認というわけではないので、会社の人にはタトゥーが入っていることは内緒です。

飲食店・居酒屋

飲食店・居酒屋

飲食店や居酒屋の場合、見えなければ良いと言ってくれる場合が結構あるようです。

飲食店でホールスタッフをしています。両腕と腕から胸にかけて、指、足のスネにタトゥーがあります。

 

店的には問題は無く、入社の際特に質問等は無かったですが、接客業と言う事もあり服やサポーターでなるべく隠すよう言われました。

 

基本的には隠していて見えないのもあってお客様からは何も指摘されたりはありませんでした。

 

スタッフ間では大きな問題はありませんでしたが、中には少し嫌悪感を持つ方も居て理解して貰うのに時間はかかりましたが最終的には何も言われる事は無くなりました。

腕や太ももなど見えない位置に元々タトゥーを入れていて、飲食店のキッチンでバイトとして働いていました。

 

そのままそこで正社員になり、その後も少しずつタトゥーを増やしていき、今ではほぼ全身に入っています。

 

お店の人達もみんな知っていて、今では何も言われないけど、ホールにでるのは禁止されています。

 

キッチンの仕事なので奥で働いているけど、いつお客様に見られるかわからないので、絶対に見えないように、半袖の制服の下に長袖をきて、腕まくりをしないなど気をつけています。

私は腰にワンポイントと左腕に肩から手首手前までにタトゥーが入ってますが、居酒屋で働いています。

 

入社前の面接できちんとタトゥーが入ってる事を言いましたが、店長が長袖着れば良いよと言ってくれたので採用してくれました。なので周りのバイトの人たちは知らなかったですが、店長だけは知っています。

 

居酒屋ですので、忙しい時や暑い時に半袖を着れなかったり袖をまくったりできないことが辛いですね。洗い物の時も長袖でしていたので濡れながらもやっています。

 

周りの人たちになんでまくらないの?って聞かれた事はないですが、毎回ヒヤヒヤしています。

美容師

美容師

美容師さんはファッション性を求められるので、タトゥーにも寛容な部分がありますね。

腕と背中に入っています。背中のは大きいですがうでは半袖に隠れる位置なので言わなければ周りには分かりません。

 

仕事は美容師でオーナーも同僚もタトゥーを入れていることを知っています。入社時に特に確認されたとかではなく普段話の中で言いました。

 

同僚も入れている人が多いので、職場では別に世間の一部の人が騒いでいるような偏見はないですね。

 

ただ実家が会社を経営している友達は、将来親の会社を受け継いだ時に社長同士の付き合いでお風呂に入る機会が増えることが予想されるので絶対に入れることはできないと言っていたので、職種に大きく左右されるんだろうなと思いました。

若い頃に完全に勢いでタトゥーをいれました。右の肩に手のひらくらいの大きさです。

 

その後、美容院で働きました。会社的には何の問題もありませんでしたが、夏場とか肩が出るような洋服はやはり、接客業なので着ることができませんでした。

 

お客様には印象は良くないとおもいましたので、20年以上経った今でも隠しています。

 

会社からは隠すようにとかダメだとかは一回も言われた事はありません。

若い頃にオシャレの延長でタトゥーをいれました。背中一面と腕に入れています。

 

職業的には入れた頃から美容師をしていたので特に気にならなかったし、お店からも厳しく注意される事はなかったです。

 

でもさすがに年配のお客様が来ると怖がる方が多かったので長袖を着用していました。現在は個人で店を構えて美容師を続けていますが、見えない様にずっと長袖を着用しています。

 

若いお客様にタトゥーを入れたいと相談される事もありますが、辞めた方が良いと諭しています。

 

アパレル系

アパレル系

ファッション系の職種は理解があるところがありますね。

2箇所タトゥーを入れており、1つは胸の下で5cmほどの大きさ、もうひとつは太ももの上の方で10cmほどの大きさです。

 

タトゥーを入れたあとアパレルの会社に入社しましたが見えにくい位置で気づかれなかったのか入社時の確認等は特になかったです。

 

一応バレても問題はない業種で職場の方には話していますが、結構高級なブランドでお客様もいわゆるマダムと呼ばれる年齢の方が多いのでそういう方たちの目線を考えて普段仕事中は隠していますす。

 

また出張や社外の方とミーティングがあるときはかなり年上の方とお仕事することが多いそうなので隠しています。位置的に隠しやすいので特に困ったことはないです。

腰から背中にかけて、タトゥーをいれています。場所が場所だけに見えることはないと思いますが大きさとしては手のひら位の大きさになります。

 

職場はアパレルショップで、地方にあるショッピングセンター内にあります。面接や就職前には特に聞かれることはなかったですが、なかなか見えにくい場所だったからだと思います。

 

ただ、地方であるだけにやはり周りからの視線もあり、高齢の方なんかに見られたりでもしたらきっといい印象はないと思います。なので、アパレル販売員でファッションにはこだわりや流行を求める職場ではありますが、絶対にタトゥーを見せないようにだけは気を付けています。

 

その関係で少し短めのTシャツなんかは着用できないですね。

看護師

看護師

看護師の場合は、見えなければOKという所もあるようです。

 

忙しくて人員不足なので、一度採用されると解雇されにくいという環境があるのかもしれませんね。

看護師をしていますが、私はアムラー世代で学生の時に安室ちゃんを意識してタトゥーを腕に入れてしまいました。

 

学生の時はオシャレ感覚だったのでかっこいいと思っていたのですが、仕事を始めた時に白衣が半袖でちょうどタトゥーが見える状態になってしまいました。

 

上司から仕事の時には上に羽織を着ておくか、ファンデーションなどで消しておく様に指導されました。若気の至りのようなもので社会に出た時にどのように思われるか見られるか考えていなかったと思いました。

 

簡単に消すことが出来ないので仕事中は出来るだけ羽織を着ておく様にしています。

看護師をしていますが、肩甲骨辺りに手のひら位の大きさのタトゥーを入れています。場所が背中なため、仕事中は他の人には見られないですが、着替える際などに同僚には見つかりました。

 

同僚でも、その事についていろいろ聞いてきたり、いい絵だねと褒めてくれる人もいれば、見て見ないふりをしたり、影でいろいろ悪口を言う人もいます。

 

職場では、タトゥーについて何も言われていないですが、よく思っていない人が職場の人事の人に伝えてしまい、人事の人から「見えないからいいけど、これ以上は増やさないこと、見えるところには絶対に入れない事」など言われています。

 

水商売

水商売

水商売はほとんどの場合、タトゥーに寛容ですね。

タトゥーを入れてから飲み屋(キャバクラ)で働きました。

 

キャバクラではいろんな人がいてタトゥーが入っていても何も言われないし、入れている人が多いのでなんの偏見ももたれないので隠すことなく働けました。

 

タトゥーは左腕と左肩と耳の後ろに入ってます。お客さんには可愛いのとカッコイイのとバランス悪いねとか女でこんなタトゥーをしていたら勿体ないなど言われたのでそのお客さんが来る日はシールで隠したりしていました。

 

やはりまだタトゥーが日本では浸透していないので批判も多く、私のことを知らないのに説教をしてくる人もいました。

運送会社・トラックの運転手

運送会社・トラックの運転手

トラック運転手や運送会社の場合、ボスがタトゥーを入れていたりするので、基本的には寛容ですね。ただ隠せと言われる場合は多いようです。

タトゥーが入っていますが、運送会社で働いています。腕の筋肉部分に入ってて、上腕二頭筋と呼ばれる所に収まる程度の大きさです。

 

仕事する時は長袖でないといけないので普段は見えないです。会社の社長が知っているので問題ないと思います。会社で働いている家族、結婚されている方がいるときも大丈夫でした。

 

ただ一応隠せとは言われてました。

 

警備員

警備員

警備員の場合はタトゥーを隠しやすいということで、働いている人も多いようです。また見られても問題ない職場も結構あるようですね。

オシャレの為にタトゥーを入れました。鎖骨下あたりに子供の名前を入れています。

 

初めは、駐車場の警備だったので、タトゥーに関しては何も指摘されませんでした。警備の服で隠れている事もありわかりませんでした。

 

しかし、警備の場所が、病院に変わった時には、タトゥーが隠れているとはいっても指摘を受けました。しかし、仕事には差し支えないとの事で病院の警備の仕事につきました。

 

その後も特にタトゥーが原因で仕事が出来なくなったという事はなかったです。

Webディレクター・IT・プログラマー系

Webディレクター・IT・プログラマー系

この業種の場合、外部の人と接触することがほとんどないのでタトゥーOKという所もあります。

Webディレクターを行っていました。タトゥーのサイズは、足首に一周するデザインです。

 

入社の際の質問や確認などなく、タトゥーが禁止と言うルールはなかったです。そのためバレても問題はなく、ちら見程度でしたら、何も言われる事はありません。

 

通行人もタトゥーを入れている人が多い街だったので、社外の人に対して隠すなどする事はありませんでした。

 

ただ、入社してから困った事は急に客先に行く事になった時です。短パンを履いていたため、モロにタトゥーが見えていたのでコンビニで長い靴下を履いて見えないようにした事があります。

ベンチャー企業・個人経営の小さな会社

ベンチャー企業・個人経営の小さな会社

小さな会社の場合には寛容な場合がありますね。人材不足なので、人材さえよければタトゥーが入っていても採用されることがあります。

20歳になって直ぐに肩、腕、胸にタトゥーを入れました。私はベンチャー企業に勤めてます。事業内容は、インターネット回線の販売、販売コンサル等です。

 

自分は今訪問販売の仕事をして、今は某ショップで販売コンサルをしています。会社自体はタトゥー禁止では有りませんし入れている人も多いです。

 

ただ、会社が大きくなるにつれ、極力知らない人にはばれないようにと言われています。

 

訪問販売の時は立場上夏場でも長袖必須だったり、シャツから透けない様に厚手のインナーを来たりと気を使いました。今の業務に移ってからはジャケットは欠かさず着用してます。

 

ホテル業界

ホテル業界

ホテル業界は意外かもしれませんが、外国人をターゲットにしている場合はタトゥーにも寛容な場合があります。

ホテル業界の営業マンですが、ガッツリとタトゥーが入っています。二の腕らへんと足に入れていますが、仕事上何か困ったことはないですね。

 

毎日スーツを着ているので、人目に触れることがなく、何も問題は無いです。夏の暑い日でも上下長袖のスーツ着用なので、どれだけ入れていても問題ないのかな?と思います。

 

ちなみに隠してはいません。会社の先輩も入れている方がたくさんいるので、当たり前のようになっています。外国人が多いホテルだからなのかもしれません。

 

引越会社

引越会社

引越し業界はタトゥーが入っている人の多い業界です。ですので基本隠せるなら問題にならない事も多いです。

腕の8割にタトゥーが入ってます。制服で長袖が着れれば職種は関係ないと思います。大手の引越会社に勤めていましたが年中長袖の制服を着てました。夏場でもそうでした。

 

更衣室でも堂々と着替えてましたが特に何も言われませんでした。タトゥーが入っている人が少なくない業種だからだと思います。

 

タトゥーが入ってるからではなく勤務態度の方が重要視される時代になってますので真面目に仕事していれば何も言われません。

 

もちろん面接でタトゥーの有り無しを聞かれたら正直に言うべきです。そこで嘘をつくと即日解雇されても文句言えないです。私は面接や説明会で制服がある場合は制服規定について自分から確認します。

 

半袖しかない職場もあるかもしれませんので。

 

音楽業界

音楽業界

アーティストがタトゥーを入れていることが多いので、タトゥーが入っていても問題にされない場合があります。

背中から腕にかけてと指タトゥーが入っています。音楽業界で働いていますが、他にもタトゥーが入っている人が多いのであまり問題はないようです。

 

外部の正式な人と会う場合には隠す必要がありますが、特に社内では隠さずに過ごしています。

 

スーパー

スーパー

結構意外でしたが、スーパーで働いている人もそれなりにいるようです。

 

見えない位置に入っているなら大丈夫なのかもしれませんね。

 

スーパーのレジの店員をしていた者です。腰に手のひらサイズのタトゥーが入っています。面接時にはタトゥーに関する質問などはありませんでした。腰に入っていて見えないということもあったのだと思います。

 

人と接するお仕事なので、やはり目に入る所にタトゥーが入っている人は、採用されにくいかと思われます。

 

かがんで荷物を運ぶ時にはタトゥーが見えないように気を付けていました。肌着を着たり、裾が眺めの服を着るなどして見えないように工夫しました。

 

私の場合は見えない部分に入っているので隠せるかと思うので、バレてもさほど支障はないかと思います。

スーパーの食品部で働いています。左肩から二の腕にかけてと背中のうなじ部分に大きくタトゥーを入れています。もちろん接客業なのでタトゥーは禁止です。職場の人はもちろん知りません。

 

うなじのタトゥーは髪の毛で上手く隠しています。肩のタトゥーは半袖の制服の時には黒のサポーターをつけて隠しています。制服からサポーターがちらちらと見えますが、そこは何も言われない職場なので助かっています。お客様にも気づかれていないので良かったです。

 

ただ、同じくタトゥーをしているお客様からは言われることが多いですが、クレームにはなっていないのでよかったです。

 

タトゥーありだけど、こんな意外な会社で働いている人もいました

キャビンアテンダント(CA)

キャビンアテンダント(CA)

某大手航空会社でCAをしていますが、学生時代から腰にタトゥーを入れています。入社時にも特にタトゥーについて確認されませんでした。

 

就業規則に明記されているかはわかりませんが、イメージが大切な業種のため、会社には隠しています。通常は見えるような位置ではないので特に意識して隠さなければない場面はないです。

 

社員旅行などがあれば温泉などで困るかもしれないですが、今のところ強制参加の社員旅行はないので特に困っていません。

 

市の職員

市の職員

腰にタトゥーが入っています。なかなか見えない部分ということもあり、バレることなく市の職員として働いていました。

 

タトゥーをしている者はやはりふさわしくはないかと思います。着替えをする際や、腰が安易に見えるような服を着ないという点では気を付けていました。

 

本を棚に戻す時などに屈んだ時に服がめくれたりするので、肌着を着たりと工夫しておりました。面接ではタトゥーに関してなど、そのような質問はありませんでした。ただ、バレた時は仕事を辞めることになるかと思います。

 

製薬会社の営業

薬

とある製薬会社の営業をしています。勤務時は常にスーツで、クールビズでネクタイを外す程度です。

 

若い頃にいれたタトゥーが肩甲骨あたりにあります。会社でタトゥーの存在を公にすることはなく知っている同僚は2人だけ、プライベートでも付き合いがあり家族ぐるみの付き合いもあるので伝えていますし海など上半身を出すような場所に一緒に行ったりもしています。

 

営業マンという立場なので、タトゥーが見える場所にある人は社内にはいません

 

とくに入社時に聞かれたり、書面で「タトゥーなし」を確認されているわけではないものの取引先に知られると問題になる可能性もなきにしもあらず。

 

幸いにも社内で着替るようなこともなく、社内旅行などもない会社なのでバレてしまうということは考えにくく、普段着の時でも見える位置にタトゥーは無いので、生活にも支障はありません。

 

転職時にタトゥーは隠すべきかどうか

これに関しては非常に難しい所ですが、タトゥーがダメな業界や会社の場合は隠すしかないでしょう。

 

実際に隠し通して働いている人もいます。ただ万が一バレた場合には、退職の可能性も考慮しておく必要がありますね。

 

一方でタトゥーに比較的寛容な業種の場合には、面接時に言ってしまった方が楽だと思います。

 

もしダメだと言われても、同じ職種で他の会社を探せばいいだけですからね。

 

隠して生活するのは結構大変です。